ご挨拶
            スタッフ紹介
            事務所位置
            TOPICS
 
    事務所紹介     日韓法令の対照     資料室    出願・審判手続     Q & A     リンク
          TOPICS
NAME
   管理者
DATE
2007-06-07
SUBJECT
    マルチのマルチクレームに対する韓国実務のご案内
多項制による請求項の作成方法について日本実務と韓国実務間には大きな違いがあり、そのうち、マルチのマルチクレームに対する法的取扱いが大きく異なります。韓国特許出願の優先権主張基礎出願になる殆どの日本特許出願の場合、マルチのマルチクレームが存在します。ところが、韓国ではマルチのマルチクレームは拒絶理由の対象になるため、これをどのように調整するかが実務上大きな論点になります。詳しくは関連資料室をご覧ください。

      



 

4th Fl., Sungwoon Bldg., 22, Seocho-daero 56-gil, Seocho-gu, SEOUL 06633, KOREA
電話 82+2-582-5670 FAX 82+2-582-5690